木工DIY歴35年が伝えるDIYで家具を作る楽しみ
電動工具を使って自分で家具を作ろう。初心者だって大丈夫!簡単な木工をして自分に向けたオーダー家具を作ろう
木工DIYをはじめよう!

どうして木工DIYが35年も続いたか。その理由は楽しいから。

diy1

皆さんこんにちはkantandiyです。

この記事を見たいと思ったひとってきっと
私が木工DIYを始めた頃の感覚の人なのかな?

「なんだか楽しそうだし、ちょっとやってみようかな」とか
「前から自分で何かを作ってみたかったんだよ、棚とかさぁ」とか
「木のものって、本当に温かくていいよな」とか

何かしら「木」で作る事への興味があふれているかたが多いのかなって思います

私はそうでした

とは言っても

もう

35年も経ってしまいましたが、一番最初に作った家具は今でも覚えていますよ
もうそれから、填まりきってます。

魅力一杯のDIY沼にようこそ
私と一緒に楽しんじゃいましょう!

木工DIYを続けるコツ

DIYは魅力が一杯だよ。

自分の環境や力量に合わせて好きなように作って良いのですから。
うまく出来なかったところは、また今度直せば良いのです。

暇を見て、思う存分。

私は木工DIYの魅力をすぐに感じることが出来たので、そしてその気持ちもどんどんと高まっていき今も楽しんでいますよ♪

でも、何でもそうなんですよね

「継続は力なり」なんですよ♪
続けることで自分の技量も要領も、コストダウンも達成していくんですよね

ちょっとだけ続けるには、コツがいることは確かですね。

木工DIYを続けるコツ

①自分で作った物や作っている最中のものをSNSなどにアップしていく
②年に1度くらいは、新しい道具を買う
③まずは使えるもの、収納に役立つものから作って行く

 

①自分で作った物をSNSなどにアップしていく

今はSNSの時代です。YouTubeでも何でも良いですから、情報発信をしていきましょう
恥ずかしがらずに、どんどんと。

私は以前、自作家具の製作過程をアップするホームページを作っていました。
当時は「掲示版」や「画像掲示版」などが流行していた頃でした。

何度か「掲示板荒らし」にもあいながらも、数少ないアマチュア木工家のかたとの情報交換をしていました。

それが何ほど「ため」になったか知れません。

作品が大きくなり、簡単に完成まで持って行けないときも、掲示版を通じた応援で心折れずに完成までこぎ着けたことが思い起こされます。

割と変わっている趣味と捉えられることが多い木工DIY。

「良いね~」と周りから言われるほど、周りでやっている人が少ない領域である事は今も昔も変わっていない印象を受けます。

未だかって「私もやってるんですよ!木工」という会話になることは本当に稀ですね

道具のこと、木材のこと、作り方のこと、そして治具のこと。
情報あればこその世界で有ると思いますよ♪

ツイッターですととても簡単に情報交換もできます。
どんどんツイートして「力」をもらいましょ♪

うまい下手なんて「上見りゃ切りが無い木工DIY」です。

そんなかたから見たら、良い笑いものかも知れませんが、「自分が楽しいから」それで良いんですよね。

 

自己満足が最高の先生です。

今自分もツイッターを見てると、当時私が悩んでいたことをよく見かけます。
あーでもない、こーでもないと情報交換をしてるのが楽しそうで良いですね。

共通の話題で盛り上がれるって最高ですよ♪

②年に1度くらいは、新しい道具を買う

一度のめり込んだら、楽しくて楽しくて続いてしまう木工DIYでもあるのですが、新しい世界を見るのも「継続」するのに役立ちます。

そうです。

電動工具を買いましょう!

「これがあったら、あんなことが出来る」
「もっとスイスイと正確に出来るだろうなぁ」とか、
妄想を膨らませてしまいませんか?
私はそうでしたよ

買うまで、妻にその魅力を訴えて、「よくわからないから私に言わないで」とあきれられながらも、理解を求めたりしていませんか?

自分のお金で買うにしても、なんとなく後押しが欲しいよね

「そんなに欲しかったら、買ったらいいんじゃぁな~い」といわれても
まだまだ、踏ん切りが付かなくて

「買ってもあまり使わないかも知れないんだよぉ」と弱気になったりと

そんなにそんなに、高価なものでもないのに「簡単に買えない電動工具」なのだ。

その行ったり来たりが木工DIYの思いをあげていく。

そして、とうとう手に入れたものなら。

「この道具ならでは」の作品を作って自己満足。

「早く買っておけば良かった」と1人締めくくっていることってないですか?

あっという間に1年なんて経ってしまいますよ。

③まずは使えるもの、収納に役立つものから作って行く

何かの役に立ちたくてしている木工DIYはないですか?

「ここにこんな棚を作ったら良さそう」
「これを入れる専用の箱を作ったら良さそう」
「こんなグッズを作ったらキャンプが楽しくなりそう」
「これを作ったら、子どもが喜んでくれそう」
「これを置いたらスッキリと片付きそう」などなど

家具屋さんやホームセンターに行って手頃なものを見つけてきても良いのですが大抵は「満足」は得られないものが多いですよね。

オーダーで作ってもらったらそれは良いでしょうけど、コストもかかるし、中途半端に面倒くさくてお安いものはオーダー家具屋さんも作ってくれそうにないですよね。

「無いものは自分で作る」
これですよ♪

必要と感じるもの探しを巻き尺持って探していきましょう。

私は「木工夢ノート」というものを作って、ラフ図を沢山書いています。

「今度作る物集」です。

計画だけで終わってしまった物も沢山有りますが、書いておくことで前に進もうとしますからおすすめなノートです。
適当中身に書くのではなく、B5のリングノートに書いておくと簡易図面ともなるので良いですよ♪

収納系から始めるとどんどんと課題が見えて楽しくなること請け合いです。

どんどんと作品を作って行くと「自作家具に囲まれた生活」が送れますよ
これって、木工DIYをする物にとって、描いていた生活なのかも知れませんよね♪

そして、作っている人が自分1人と言うことが多いので、作風が似ている物が多くなり
結果的に「トータルコーディネイト」されていきますよ♪diy3

木工DIYはとても始めやすい趣味です

趣味を始めるといっても、ハードルが高い物は厳しいし、「自分1人しか楽しくない物」は家族からあまり歓迎されない傾向があります。

我が家はそうでした

釣り、スキー、バイク、1人キャンプ。独身でしたら良いのですが~

これって

みんな、やっている人しか楽しくなくて、家族はただ待っているだけです。
帰ってきたら、お土産話を聞かされて「楽しかったみたいで良かったね」と。

釣りもなんか足しになる物でも釣って来れたんならまだしも、坊主ならばちょっと。
「あんた何しに行ってきたの?」くらいに言われてしまった私がいました。

人が楽しむ趣味ですから、否定はしませんがやり方を間違えると「理解は得られなくなる」のは当然ですよね。

木工が素晴らしいとは言い切りませんが、形になり家族の生活の役に立つ物を作ることが目的であれば木工DIYは言い趣味だと思いますし、取りかかりやすい物で有ると思います。

環境も人それぞれではありますが、それに合わせた木工DIYを展開することが出来るので大丈夫ですね。

木工DIYはお金がかからないし実益もある

「道具って高いでしょ」って言われるかたも多いですが、実際はそうでも無くて
一回の必要な電動工具を揃えるわけではないので、大丈夫です。

購入した道具も壊したり、無くしたりしない限りはずっと残るわけで、「積み上げ式」ですよ♪

作りたい物も人によって違いますから、一概にも言えません。

どんどんとのめり込んでいき、趣味の世界では住まないほどにうまくなる方も沢山います。

そうなったら販売も出来るわけですから、実益性もありますよ。

続けていきたい思いも深くなってくると思います。

だんだんうまくなるのは道具のおかげ

作品も増えて、作り方もわかってきてと、そうなるとどんどんとうまくなっていく木工DIY。

その立役者になってくれるのが、道具立ちですね。
もう私は道具立ちがかわいくて仕方ないです。

「こんなに沢山有ったら一つくらい無くなってもわからないでしょ?」と聞かれることがあります。

「そうでも無いですよ。ちゃんとわかりますよ」と即答してしまうほど、道具様々です♪

綺麗で正確な作業を早くできるのは、電動工具ばかりじゃなく道具全てに言えることですね。

いつも今が最高点ですよね、アマチュア木工は。

本当に楽しくてどんどんとうまくなって、ヤッパリやめられないですね。diy4

夢が膨らむ木工DIYライフ

今でこそ、専用工房をもち木工DIYを満喫していますが最初は青空木工からのスタート。

それが一歩、一歩と進んで、今があります。diy2

木工DIYを始めた頃から本当に夢を描いてきましたね。「工房」という言葉に。

最初に工房を持ったときに、「ちょっと工房に行ってくる」という言葉が照れくさくて言いずらかったことを思い出します。

木工DIYはとても続けやすい趣味です。木工DIYを取り囲む環境は人それぞれではありますが、できるだけ続けて夢を膨らませていって欲しいです。

そういう私もまだまだ発展途上で、これからいろいろな遊びをしていきたいと思っているところです。

まとめ、結局長く続けれる趣味です

木工DIYは長く遊べる趣味です。

でもそれを続けるためにはある程度の資金も必要ですよね。

続けるためにせっかくですので、アフィリエイトをしましょう!

私はこれで生活をするまでは稼げていませんが、お小遣いの足しには充分なっていて、道具を買ったりしていますよ。

ブログを開いて、木工情報を載せて遊び心でアフィリエイトを始めましょう。やってみる価値は充分ありますよ!

それと何より大事なのは「安全」
ケガをしたら元も子もありません。

DIYの注意点!趣味の世界だからこそ、安全重視で行こう!DIYで注意したい安全対策について書きました。電動工具は危険な物であるという認識を持って使用することの大切さを書きました。...

楽しい木工DIYライフを私と楽しんでいきましょう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。